自然の家に下見に行きました!

 みなさんはじめまして。

ひょうご山のキャンプ~すきやねん!神戸六甲~のコーディネーターとしてキャンプのお手伝いをしております神戸大学国際文化学部3回生の大石貴之といいます。以後よろしくお願いします。

 

 今日は、5月13日にキャンプで宿泊予定の「神戸市立自然の家」に下見に行った時の様子を報告します。

 

 午前中は、施設の概要や利用方法の説明を受けました。実際に宿泊する部屋、活動で使う研修室や体育館、屋外のキャンプファイヤー場、飯盒炊さん場、アスレチック、カヌーができる湖などを見て回りました。建物はなかなかきれいな作りになっており、1週間という長丁場のキャンプでも快適に過ごせるのはないかと思います。

また、屋外の施設はどこも広々としていたのと、山の中で涼しいのとで、のびのびと楽しめそうです。

 

 お昼ごはんには食堂でカレーを頂いたのですが、お代りもできてよかったです。おいしいご飯が楽しみですね。

 

 お昼ごはんを食べた後は、施設利用の申し込み時の説明会を経て、他に利用される予定の団体との調整会を行いました。KFCは今回1週間も滞在するので多くの団体との調整が必要ですが、あらかじめ考えていたスケジュールのもと、子どもたちが楽しめるプログラムに必要な場所を手配できそうです。

 

 まだまだこれから詰めていく部分が多いですが、今回の下見で大体の雰囲気がつかめました。これからの準備でも気合を入れてやっていこうと思います。よろしくお願いします。

              

     

          山のキャンプコーディネーター 大石貴之

 

お風呂
お風呂