登山の下見にいきました!

みなさん、こんにちは。山のキャンプコーディネーターの大石貴之です。

 

山のキャンプを行う神戸市立自然の家は、六甲山の自然に囲まれたところにあります。そこで、みなさんに自然の中でリフレッシュしてもらおうと、登山を計画しています。この登山は、市教委の先生や職員さんで、登山教室を子供向けによく開いている有志の方々に引率していただきます。

 

その登山グループを率いて下さる、市内のある小学校の校長先生ともう一人の退官された先生と僕とで、7月8日の日曜日に、キャンプで行くコースの下見に行ってきました。以下はその感想です。

 

具体的なコースはお楽しみにしておこうかと思いますが、木陰に入るとやはり涼しく、すがすがしい気持ちで歩くことができます。

また、時折ぶつかる渓流は、視覚的にも聴覚的にも登山者を楽しませてくれます。先生曰く、登山には、五感を働かせることが大切なのだそうです。

 

コースの目的地は、神戸市立森林植物園という施設です。この植物園では、四季折々の植物が芽生え、見る人を楽しませてくれます。

 

少し中に入ると大きな広場があるので、誰もがゆったりと過ごせると思います。

 

ですので、小さい子や、疲れていて登山は大変だからパスしたいという子は、先にスタッフの車で植物園に行って、歩いてくるグループを待っていることができるので、仮に「登山はちょっと」という場合でも安心です。

 

今回は前日までの雨で、一部道がぬかるんでいました。もしかしたらキャンプの時もそうなるかもしれないので、滑りにくくて丈夫な靴があると良いかもしれません。

 

当日は8月10日です。晴れたらいいですね!

脇道を上って小高い場所より
脇道を上って小高い場所より